雲辺寺ヶ原史跡を見に行く
Date2015/9/27

今日はテレビで見た雲辺寺傍にある史跡を
見にお出かけします。
スッキリ晴れてとはいかないですが天気が良いです。
四国八十八カ所の雲辺寺ロープウェイ近くまで
やって来ました。
まっすぐ行くと雲辺寺ロープウェイに行く道です。
雲辺寺ロープウェイの乗り場に行く途中に
目的の雲辺寺ヶ原史跡広場があります。

場所はここです。
説明によると明治から先の戦争までの間
この辺りは山砲射撃場があり、この史跡は
その監視所だそうです。
頑丈なコンクリート製の監視所ですね。
このような物を見るのは初めてですから
興味深いです。
前から見るとこんな感じです。
後ろに入り口があり中に入れます。
中はこんな感じです。
ここから監視していたのですね。
のぞき口?を横から見るとこんな感じです。
射撃方向を失敗してこれに直撃を受けても大丈夫な
程度の強度があるのでしょうね。
後ろには半分朽ちた展望台?があります。
上の方は取り払われているみたいです。
しかしこの展望台には防御が無しですか?

なかなか興味深い史跡を見ることが出来て
満足です。
見終わった後は雲辺寺ロープウェイ山麓駅まで
やって来ました。
実はここに来るのは初めてです。前に四国八十八カ所を
巡ったときには裏の道から上がったのでここには
来ていませんでした。
そしてたまたま見つけたこの食事処に
入って見ることにしました。
祖谷そばがありますね。香川で祖谷そばとは
ちょっと不思議ですけど(^_^;
店内は良い雰囲気です。
うどんとそば両方があります。
せっかくですから山菜そばを頂きます。
味は普通の美味しい田舎そばで良い感じです。
ここは少し高くなっているので、観音寺市街が
よく見えます。
この後はのんびり帰って本日は終了です。