平家物語歴史館にお出かけ
Date2011/9/24

今日は先日行こうと考えていた平家物語歴史館へ
お出かけします。
今日は連休の中日で快晴です。
メインの道から少し入った場所に有ります。
前方右の縦の大きな看板が目印です。
到着しました。
この建物の周りは工場や倉庫なので、人があまり
歩かない場所ですから、少し寂しいですし
来場者の車も少ないです(^_^;
でも団体用のバスも止まっていました。
早速中に入ります。
大人は1200円です。

写真撮影は自由なのがいいですね(^_^)
入場料を払って中に入りました。
入ってすぐに記念撮影場所があります。
まぁ、一人では不要ですが(^_^;
では早速展示室に入ります。
中はこんな感じで、大きなスタジオみたいな
感じです。
最初は讃岐らしく?空海がお出迎えです。
さすがに蝋人形なのでリアルです。
平家物語だけではなく、歴代の政治家が
飾ってありました。

結構リアルなので、夜は来たくないですね(笑)
さらに芸術家もあります。
高松にある他の歴史関係の博物館が書いて
ありました。機会があれば行ってみてもいいかも(^_^;
そして坂本龍馬もいます。
急坂に飾ってあるのは一ノ谷の合戦の
場面です。ここから平家物語が始まります。
平家物語の解説がありました。
しかしあまり詳しくないのでよくわかりません(^_^;
ここから平家物語に従って場面が進んでいきます。
各場面には下のように名前が書いてあり、音声で
解説をされています。なかなかわかりやすくて
いい感じです。
大きな場面では大量の蝋人形があります。
ほぼ等身大なので結構迫力があります。
ほとんどの場面は変化が無いのですが
この場面だけは明かりの変化があり
物怪の感じを出しています。
壁にも人の顔が浮き上がります。
ここは2階ですが、写真のように場面が並んで
います。
大仏様の頭も巨大です。
だんだんクライマックスに近づきます。

この場面は平清盛の最後です。
そして扇の的の場面です。
壇ノ浦も戦いです。
そして平家は滅亡します。
最後は語り部である琵琶法師で完結します。

思った以上(^_^; に見応えがありました。
値段がちょっと高いですが、悪くない感じです。
もう少し人気があっても良いような気がしますね(^_^;

写真では全く伝わらないので、興味がある方は
一度訪れてみてください。
外に出て青空を見ると、現在に戻ったような
感じを受けました(笑)
ちょうど昼時なので近くのうどん屋「ぽんぽん」で
昼食です。
うどんは普通でしたね(^_^; これならすぐ近くにある
たも屋に行けばよかったかも(^_^;

そして本日は終了です(笑)