四国八十八ヶ所巡り(8)
残りのお寺を最後まで巡る「結願の香川」編
Date:2007/9/29

四国八十八ヶ所の第8回目
「結願の香川」編のスタートです。

今日の天候は曇りですが、時々晴れ間が
見えています。
今回は気温も下がってきたので、久々に
FZ1で出動です(^_^)
朝8:20に五色台にある
「第八十一番 白峰寺」に向かいます。

今回は地元のお寺ばかりなので
地図は必要無く、迷うこともありません。
いつもの道で五色台に上がります。
五色台スカイラインとの分かれ道ですが
今日はスカイラインには行かずに直進します。
最初のお寺「第八十一番 白峰寺」に到着です。
写真は入り口の門です。

駐車場に着くと、駐車場横にある弘法大師像の
所に、おとなしそうな犬がいて、こちらを見ていました。
私には特に関心が無いようで、おとなしく
じっと見ているだけでした。

お参りを済ませた後で、私がお寺から出てくると
ちょうどお寺から出てきたお遍路さんが何か
食べているのを見ると静かに近寄り、なにか
くれないかとじっと見ていました。
かなりおとなしい犬なので、危険などは
無かったですね。
あと白い犬2匹は常に寄り添っていて
よく似ていましたから、多分兄弟だと思います。
入り口の門を入ると納経所の建物が見えます。
納経所の建物の正面まで来ると左手に
山門が見えます。
この山門は左下の写真のように、違う建物
みたいです。下の写真は山門奥の建物を
撮ったものです。

白峰寺本堂はこの山門の前を矢印に従い
右に曲がります。
右に曲がるといきなり階段になり
この階段を上がります。

左下が本堂、下が大師堂です。

印  象:静かな山の中にある古いお寺と
      言った感じで、木々が多くて
      良い雰囲気でした。
アクセス:案内板に従ってくれば簡単に
      着けますが、坂出側から来る道の
      方が少しだけ複雑です。
駐車場:入り口門前に20台程度のものと
      かなり手前に大きな駐車場(バス用?)が
      有りました。
内部アクセス:駐車場から本堂までは
         約200mです。
走り慣れた五色台の道を次のお寺に
向かいます。
約10分で「第八十二番 根香寺」に到着です。
写真は山門です。

このお寺には牛鬼伝説があり、左の写真を撮った
背中側に、2m以上有りそうな左下の牛鬼像が
高いところにあります。

それと、このお寺は地元では有る程度有名な
心霊スポットですから、あまり夜には
来たくないですね(^_^;
山門を入るといきなり階段を下ります。
そして今度は階段を上がります。
階段を上がったところに納経所があります。
写真の右側には大師堂があります。

正面の階段を上がった所が本堂です。
階段を上がった所にある本堂です。
左下の写真のように本堂まで真っ直ぐには
行けずに、下の写真ようなくらい中を
迂回して本堂まで行きます。
かなり暗いのであまり気持ちの良いものでは
ありませんね(^_^;
納経所の横にある大師堂です。

印  象:山の中にあるお寺で、木々が
      鬱蒼と茂り、山寺の感じを
      十分味わえる良いお寺です。
アクセス:案内板に従えば簡単に着けます。
駐車場:山門前に15台程度の駐車場が
      あります。
内部アクセス:山門から本堂まで、ほとんど階段の
         登りで約150mです。
約25分で「第八十三番 一宮寺」に到着です。
写真は駐車場側にある山門です。
反対側に大きな山門がありました。

左下が本堂、下が大師堂です。

印  象:市街地のはずれの住宅街にある
      普通のお寺と言った感じです。
アクセス:案内板に従えば簡単に着けます。
駐車場:お寺のすぐ横に20台以上置ける
      駐車場があります。
内部アクセス:駐車場から100m以内に
         全ての建物があります。
よく知っている道ですから、案内板などは
見ずに適当に次の「屋島寺」を目指します。
屋島寺は屋島山頂にありますから、交通手段と
しては屋島ドライブウェイと言う有料道路か
徒歩で上がる登山道だけしかありません。
少し前まではケーブルカーがありましたが
お客の減少で現在休止中です。
あと公共機関としてはこの道路を走る
バスがあります。

しかしこの有料道路は高いですね。
バイクでも430円取られました。

この道路を走ったのは20年ぶりくらいですね。
住んでいるとお金を払ってまで屋島には
来ようと思いませんから(^_^;
山頂の駐車場からすぐに「第八十四番 屋島寺」が
あります。
写真は山門です。この山門は私の記憶には
ないので新しいのかもしれません。
まぁ、私の記憶は曖昧ですが(^_^;
山門から中にはいると境内が一望できます。
変わった建物が目に入ってきました。
屋島寺宝物館でしたが、入場料が500円
必要なので中には入りませんでした(笑)
なぜか境内には巨大な狸がありました。
説明によると、どうも狸が祀られているみたいです。
山門はもう一つありました。
こちらの山門は記憶にあるりました。

左下が本堂、下が大師堂です。

印  象:観光地にある綺麗なお寺と言った感じで
      観光客がたくさん来ていました。
      観光地にあるお寺にありがちな
      納経所の無愛想さなどはこのお寺にはなく
      気持ちのよい対応でした。
アクセス:観光地にありますから簡単に
      到着できます。
駐車場:有料道路を上がった所に観光用の
      広い無料駐車場があります。
内部アクセス:駐車場から約100mで山門で
         そこから150mで本堂です。
帰りのドライブウェイからはこれから行く
「第八十五番 八栗寺」がある八栗山が
見えていました。
この山は別名「五剣山」と呼ばれていて
頂上が5本の指の用になっていますが
一番右が1707年の大地震で崩れて
平らになっています。よく考えると
山を崩すくらいの大地震がこの辺りで
起こったことになり、今後も起こる可能性が
あると考えられますね。

あと30年ぐらい前には写真の山頂に登ることが
出来たのですが、今では危険なため
登ることは出来ません。
このお寺に行くにはケーブルカーと
その横にある登山道、そして
少し離れたところから車で上る
裏参道があります。
当然ながらお金のいらない裏参道から
アクセスします(^_^;
四国ではよくある細いうねうね道を
登ります。
ケーブルカーの山頂駅の近くまで上れます。
前のお寺から約25分で到着です。
この道を正面に進むとお寺で、左に曲がると
約50mくらいでケーブルカー山頂駅です。
参道ですが、木々が生い茂っています。
200mくらい歩くとお寺が見えてきます。
多宝塔があります。
本堂です。後ろには五剣山があります。
今は登れませんが、五剣山上にも何カ所か
小さな祠が祀られていました。

左下が山門で、下が大師堂です。

印  象:山の上にあるお寺で、生い茂る
      木々の中にある良い雰囲気の
      お寺です。
アクセス:通常の案内板ではケーブルカーに
       案内されます。裏参道に行くには
       高松方面から国道11号線を走って来て
       JR「さぬきむれ駅」の交差点を
       左に曲がります。
駐車場:ケーブルカー山麓駅には広い駐車場が
      あります。裏参道から上がった場合は
      駐車場はありませんから、皆さん道端に
      路駐されています。
内部アクセス:ケーブルカー山頂駅から本堂まで
         約400mです。道は多少起伏が
         ありますが、あまり影響の
         無い程度です。
      
約20分で「第八十六番 志度寺」に到着です。
このお寺には五重塔がありました。
山門を入ると木々が鬱蒼と茂っています。
木々の間から本堂が見えてきます。

左下が本堂、下が大師堂です。
本堂と大師堂の間には納経所があります。
朱色の綺麗な五重塔です。

印  象:さぬき市の市街地の真ん中に
      あるのですが、木々が多いせいか
      良い感じのお寺です。
アクセス:案内板に従えば簡単に着けます。
駐車場:山門の右て奥にあります。
内部アクセス:山門から本堂まで約100mくらい
          です。
約15分で「第八十七番 長尾寺」に到着です。

ここの山門は変わっていて、山門の真ん中に
釣り鐘がありました。
境内の風景です。境内がそのまま有料駐車場に
なっていることと、木が少ないので
スッキリしています。但し、山門横には巨大な
木が生い茂っていました。

左下が本堂、下が大師堂です。
その間に修繕中の建物があり、それが本当の
本堂らしいです。

印  象:境内がスッキリしていて郊外の
      お寺と言った印象で、こんな雰囲気の
      お寺も良いです。
アクセス:案内板に従えば簡単に着けます。
駐車場:境内に30台は置ける有料駐車場が
      あります。ちなみにバイクは無料です。
内部アクセス:写真のように駐車場から本堂は
         目の前です。
次のお寺に向かう途中にある道の駅ながおで
昼食休憩です。
隣接する「ほしごえの里」で昼食です。

ここでは今売り出し中の讃岐黒豚と讃岐夢豚が
食べられます。

色々迷って「讃岐夢豚とんかつ定食」を
食べました。確かに柔らかくて油もしつこくなく
かなり美味しく頂きました。
これはお勧めです(^_^)
他にもステーキとかハンバーグとかが
ありましたから、また食べに来たいと思います。
約25分で四国八十八ヶ所最後のお寺
「第八十八番 大窪寺」に到着です。

写真は山門です。
しかしいつ見てもこの山門は巨大ですね。
本堂よりも遙かに巨大ですから(^_^;
大師堂です。
本堂です。
後ろに見える山とのマッチングが良いですね。
本堂の前には小さな山門もありました。
この山門前には土産物店などが数軒有り
小さな門前町があります。

印  象:山の中にある落ち着いた感じの
      良い雰囲気のお寺です。
アクセス:案内板に従えば簡単着けます。
駐車場:大きな山門横に10台程度の
      駐車場があります。
      それ以外にも商店駐車場がありますが
      詳細はわかりません。
内部アクセス:大きな山門から本堂まで
         約250mくらいです。

この寺で八十八ヶ所全てのお寺を巡り終えました。
残りは高野山にお礼参りに行くだけです。
      
本日の走行距離は151km
燃費は17.6km/Lでした。

気温も少し涼しくなったので、FZ1でも何とか
我慢できる暑さでしたね(^_^;
何とか八十八ヶ所は全て埋まりました。
残るは高野山だけです。

実は下の写真のように最初のお寺にお礼参り
する欄がありますが、私は行きません。
このお礼参りの欄があるのは、一番で買った
掛け軸や納経帳だけらしいですから、ちょっと疑問です。
いろんな所の売店などで聞いたところ、あるお寺の
住職さんが「一番が2個もあるのはおかしい」と
言っているとか、「納経料を儲けたいだけでしょ」とか
悪い話だけで好意的な話はありませんでした。
私も一番で受けた自分自身への対応から
うなずける事もあるので、一番へのお礼参りには
行かないことにしました。

以上のようなことはさておき、何とか全て
巡り終えましたね。但し、まだ高野山が残って
いますから、やり終えたと言った達成感は
まだ無いです(^_^;

次回は「満願の高野山」編(仮題)の予定です。