四国八十八ヶ所巡り(7)
道をよく知る地元香川のお寺を巡る「地元の香川」編
Date:2007/9/15

四国八十八ヶ所の第7回目
「地元の香川」編のスタートです。

今日の天候は晴れで、気温も残暑がきびしくて
結構暑いです。
実は前日の天気予報では
雨の確率60%で今日は無理だと
考えていて、ゆっくり起きましたが
窓の外を見ると晴れていました。そこで
ネットで雨雲をチェックしてみると
香川県の午前中は大丈夫そうなので
急遽出かけることにしました。
と、言ってもゆっくり起きたので
元々予定の8:00よりかなり
遅く出発です。
最初のお寺まで、さほど距離はありませんが
時間短縮のために高速で移動です。
善通寺IC辺りまで来ると、雲が増えて
来ました。
大野原ICで高速を降ります。
写真ではわかりずらいですが、前方の
愛媛方面の山沿いは雲に覆われて
いるので雨のようでしたが
この辺りは、雲は多いですが
晴れ間も見えています。
正面の山の山頂付近にこれから向かう
「第六十六番 雲辺寺」があります。
このお寺には通常ロープウェイで
行くのですが、今回はお金の節約(笑)のため
バイクで上ります。
あともう一つの理由は今まで巡った全ての
お寺でロープーウェイなどの乗り物を
使わなかったので、この際、最後まで
乗り物を使わずに巡ろうと考えました。
県道8号線を徳島方面に向かい
曼陀トンネル手前から雲辺寺方面に
分岐します。
最初の道は写真のように細いけれども
普通の道です。
この後道がさらに細くなり、車同士の対向が
難しい道が続きます。
そして徳島寄りの県道268号線からの
道との合流ポイント手前約1kmが
写真のようにガレた道になります。
写真の部分よりも悪い道もありますが
何とかゆっくり走り通過です。
実はこの道はかなり前にFZS1000で
迷い込んだことがあり、冷や汗もので
通過したことがあったので、今回は
少しでも楽なTMAXで来ました。
これは正解でした。かなり気は使いましたが
何とか通過できました。
ちなみに徳島側から県道268号線を
使った方が道はいいので、ロードバイクの
場合はそちらをお勧めします。
県道268号線からの道との合流後は
写真のような綺麗な道になります。
合流地点から少し走ると終点の駐車場が
あります。ここの駐車場は写真のように
補修協力費が必要です。
駐車場から本堂までは約800mですが
ほとんど平坦な道ですから
楽に歩いて行けます。
途中の道は杉の巨木に囲まれて
森林浴には最適です。
但し、花粉症の季節はNGですが(^_^;
本堂手前に山門がありました。
歩き疲れも無くて、雲辺寺境内に到着です。
本堂はちょうど新築中で
左下の仮本堂がありました。
下は大師堂です。
徳島側を見ると山々が連なっています。
写真は無いですが香川側を見ると
平野が広がっています。

印  象:山の上にある静かなお寺で
       山深い感じは無いのですが
       木々とのバランスが良くて
       いい感じのお寺です。
アクセス:通常はロープウェイで
       登りますので、そこまでの
       案内板は多数有り、簡単に
       着けます。車で上がる道は
       いくつかルートがありますが
       徳島側から県道268号線を
       使った道をお勧めします。
駐車場:ロープウェイ側はわかりませんが
      車で登った場合は終点に
      約10台程度の有料駐車場が
      あります。
内部アクセス:終点の駐車場から約800m
         くらいで本堂です。本堂と
         大師堂は50mくらい離れています。
雲辺寺からは登った道を慎重に降りて
平野部を次のお寺に向かいます。
雲辺寺を降りるときに、ほんの少しだけ
パラパラと雨に遭いましたが
すぐに止み、平野部に来ると
綺麗に晴れていました。
約40分で「第六十七番 大興寺」に
到着です。
写真は山門です。
山門の周りは田舎の田園風景が
広がりいい感じです。
山門をくぐると写真の階段があり
上がった所に本堂があります。

左下が本堂、下が大師堂です。

印  象:香川県の典型的な田舎の
      風景にたたずむ
      良い感じのお寺です。
アクセス:案内板に従って簡単に
       到着できます。
駐車場:山門横に20台程度置ける
      駐車場があります。
内部アクセス:山門から本堂まで
         約100mくらいです。
次は約20分で「第六十八番 神恵院」と
「第六十九番 観音寺」に到着です。
ここは四国八十八ヶ所で唯一
二つのお寺が同居しているお寺です。
ちゃんと二つの番号が書いてあります。
右手前が観音寺の大師堂で
左奥が神恵院の大師堂です。
神恵院の大師堂と観音寺の大師堂の
間の奥の白いコンクリートが
神恵院の本堂です。
神恵院の本堂です。
真ん中の階段を上がります。
階段を上がると本堂があります。
観音寺の大師堂です。
観音寺の大師堂から30m横に
写真の観音寺の本堂があります。

印  象:お寺の名前と同じ
      観音寺市市街地に隣接する
      山際に在る、そこそこ
      綺麗なお寺と言った印象です。
アクセス:案内板に従って簡単に
       到着できます。
駐車場:山門横に20台程度置ける
      駐車場があります。
内部アクセス:駐車場から一番遠い
         建物まで約150mです。
内部の案内図です。
これを見ないとどれがどの建物なのか
結構迷いますね(^_^;
ちなみに納経所は一ヶ所で両方のお寺の
サインを頂けますが、値段も二つのお寺分
必要です。
次の「第七十番 本山寺」には
約5分で到着です。
ここまでルートは道を良く知っているので
案内版を無視して最短ルートで
到着です。

写真は山門です。
境内は広くて綺麗に整備されています。
このお寺には五重塔があります。
左下が本堂、下が大師堂です。

印  象:田園地帯にある広くて
      すっきり綺麗なお寺です。
      雰囲気も良くていい感じです。
アクセス:遠くからでも五重塔が見えるので
       案内板に従って簡単に
       到着できます。
駐車場:20台以上置ける駐車場が
     あります。
内部アクセス:駐車場から本堂まで
         約200mです。
次のお寺に向かう途中で
昼食を取ります。
ちょうどうどん会で来た事がある
「渡辺」が途中にあったので
入ります。
ざるうどんを食べましたが
美味しいのですが、冷たい麺では
私にはちょっと硬すぎる感じでした。
暖かいうどんにしたかったのですが
気温が高くて思わず冷たいうどんを
注文した私のミスです(^_^;
次の「第七十一番 弥谷寺」には
食事の時間を除けば約20分で到着です。
ここの上の駐車場は有料ですが
バイクはラッキーなことに
無料です(^_^)
山門などは下の無料駐車場から
上がる途中にあるので
見れませんが、下から歩くと
かなり大変なので上の駐車場に
止めました(^_^;
上の駐車場からでも写真の百八段の
階段を上がります。
上がりきるとすぐ前に大師堂があります。
大師堂からは写真の階段を上がり
本堂を目指します。
さらに階段を上がります。
まだまだ階段を上がります。
ヘトヘトになってやっと本堂に到着です(^_^;
本堂から見るとかなり良い景色が
見れます。
壁面に石仏が彫られていました。
本堂付近から見ると、緑に囲まれた
お寺だと良くわかります。
多宝塔も緑に囲まれて良い雰囲気です。

印  象:山深い斜面に沿って
      建てられた良い雰囲気の
      お寺です。
アクセス:道の駅のすぐ横なので
       簡単に到着できます。
駐車場:上の有料駐車場は20台程度
      下の無料駐車場は30台以上
      駐車できます。
内部アクセス:下から山門を通るルートだと
          1km程度の登り道を歩きます。
          上の有料駐車場からは半分程度
          ですが、山門や賽の河原などの
          見所が見れないことになります。
          余裕があるのでしたら、ぜひ下から
          上がることをお勧めします。
次の「第七十二番 曼陀羅寺」には
約5分で到着です。この辺りは
お寺が密集しているので移動が楽です。

写真は山門です。

左下が本堂、下が大師堂です。

印  象:町の外れにあるお寺で
      こじんまりとまとまった
      普通のお寺と言った印象です。
アクセス:案内板に従って簡単に
       到着できます。
駐車場:境内横に有料駐車場が
      あります。
内部アクセス:駐車場から山門を回っても
         本堂まで150mです。
次の「第七十三番 出釈迦寺」は
すぐ近くなので約1分で到着です。

写真は参道です。
参道の途中から撮った写真です。
平野部が一望でき、遠くに瀬戸大橋も
見えています。
約100mくらいの参道を上がると
境内になります。
左が本堂、右が大師堂です。

印  象:山の山麓にあるこじんまりとした
      古いお寺で、景色も良くて
      良い感じのお寺です。
アクセス:前のお寺から案内板に
      従えば簡単に着きます。
駐車場:有料駐車場が参道前に
      あります。
内部アクセス:駐車場から緩やかな登りの
         参道を約100m歩けば
         本堂です。
次の「第七十四番 甲山寺」には
約5分で到着です。

写真は山門です。
左下が本堂、下の写真の中央奥が大師堂です。

印  象:市街地の小さな山の際にある
      普通のお寺と言った印象です。
アクセス:前のお寺から案内板に
      従えば簡単に着きます。
駐車場:お寺の横に20台以上置ける
      駐車場があります。
内部アクセス:駐車場から本堂まで
         約200mくらいです。
次の「第七十五番 善通寺」には
約5分で到着です。

写真は大師堂です。
この裏に駐車場がありますから
最初に訪れるのが大師堂になります。
このお寺も観光地となっているようで
今までのお寺の中でも
最高の人出がありました。
大師堂からまっすぐ参道があり
途中には山門があります。
さらに参道は続きます。
150mくらい歩くと、また小さな
山門があります。
山門をくぐると広い境内に
本堂と五重塔が見えます。
本堂です。
本堂前には巨大な山門がありました。
さらに境内に巨大な木もあります。

印  象:綺麗に整備された広大なお寺で
      過美な所は無く、質素な中にも
      荘厳な雰囲気を感じさせる
      雰囲気の良いお寺です。
      このお寺も観光客が多かったのですが
      今までの観光客が多いお寺とは違い
      納経所の方もしっかり挨拶をして
      気持ちの良い対応をしていました。
      これは好印象です。やはり観光客が
      多くても、きちんとしているお寺は
      あるのですね。
アクセス:案内板に従えば簡単に
      到着できます。
駐車場:大師堂裏にあるみたいですが
      バイクは途中の山門横に
      止めたので詳細はわかりません。
内部アクセス:平坦な広い敷地にあり
         大師堂から本堂までは
         約400mくらいありそうです。
次の「第七十六番 金倉寺」には
約10分で到着です。
境内は善通寺とは比較になりませんが
普通のお寺と比べればそこそこ広いお寺です。

左下が本堂、下が大師堂です。

印  象:質素な中にも綺麗に手入れされた
      気持ちの良いお寺です。
アクセス:案内板に従えば簡単に
      到着できます。
駐車場:お寺の横に有料駐車場があります。
      ちなみにバイクは無料みたいです。
内部アクセス:駐車場から参拝ルートで
         本堂まで約200mです。
次の「第七十七番 道隆寺」には
約10分で到着です。

案内板に従って来ると、広い道路に面した
方に駐車場があります。但し、こちらは
裏側みたいでしたから、小さい門を
入ります。
門の奥に見えているのは
本堂の裏側です。
本堂を裏から回り込むと
本堂横に大師堂があります。
本堂です。
本堂の正面には山門がありました。

印  象:住宅街にある普通のお寺と
      言った感じです。
アクセス:案内板に従って来ると
      簡単に到着できます。
駐車場:広い道路に面したほうに
     10台程度の駐車場が
     あります。
内部アクセス:駐車場からだと一番遠い
        山門まで約150mです。
次の「第七十八番 郷照寺」までは
約20分で到着です。

写真は本堂です。
大師堂は本堂奥にあります。

印  象:入り組んだ市街地の小高い丘に
      ある昔ながらのお寺と言った
      印象です。
アクセス:近くまで来て、広い道から案内板に
      従い曲がるとT字路にぶつかりますが
      そこの案内板がわかりづらく
      迷いますが、ルートとしては
      左方向です。その後は案内板に従って
      市街地の細い道を進み、お寺の門を
      くぐって坂を登れば駐車場です。
駐車場:砂利の約20台程度置ける駐車場が
     あります。
内部アクセス:駐車場から一番遠い大師堂までで
         約100mくらいです。
ここのお寺は小高い丘にあるので市街地が
一望出来ます。
今日は出発時間が元々の予定より遅かったので
この時点で16:20でした。
帰り道沿いにある、残り二つのお寺も巡りたかったので
すり抜けをしながら急ぎます。
次の「第七十九番 天皇寺」には
飛ばしたので約10分で到着です。

駐車場から境内に向かうところにある門は
ちょっと変わっていました。
境内は木がたくさん生えていて
本堂が良く見えません。
一瞬間違えて隣接する神社の方へ
行ってしまいました(^_^;

左下が本堂、下が大師堂です。

印  象:郊外にある良く手入れされた
      庭みたいな境内を持つ
      普通の良いお寺と言った印象です。
アクセス:案内板に従って来ると
      簡単に到着できます。
駐車場:境内に10台くらいの
      有料駐車場があります。
内部アクセス:駐車場から本堂まで
         50mくらいです。

この時点で16:40ですから
慌てて次のお寺を目指します。
次の「第八十番 国分寺」には急いで来て
約10分で到着です。

急いで写真の山門をくぐって
本堂に向かいます。
写真のように本堂まで距離が
ありました。
国分寺の由来がありました。
本堂です。
16:55の時点で既に
片付けに入っていました。
大師堂がわからずうろうろしていると
納経所がしまりそうなので
納経所に向かうと、そこが大師堂でした。
写真は外から撮った大師堂です。
右の納経所に向かう門はきっちり
17:00に閉められるので
これ以降は納経所と大師堂には
行けません。前のお寺の方にも門が閉まると
聞いていたのですが、これほどきっちり
閉まるとはちょっとびっくりです(^_^;
山門の前の駐車場に戻ると
広い道路に面したところは
金網で閉まっていました。
但し、細い道が広い道路と平行して
あるので出入りは可能です。
ギリギリ予定のお寺まで巡れてよかったですが
まぁ、ここから家まで10kmも無いので
ダメでもすぐに来れますけどね(^_^;
今回の走行距離は195.7km
燃費は20.5km/Lでした。
なんとかほとんど埋まりましたね。
残りは8寺となりました(^_^)
次はいよいよ最後のお寺までの
「結願の香川」編(仮題)の予定です。